リニューアルした道の駅 大谷海岸へ! レストランや車中泊情報など

宮城県
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リニューアルされた道の駅 大谷海岸

道大谷海岸は2021年3月にリニューアルし、施設が大幅に変化しました。今回は新しくなった道の駅大谷海岸に行ってきたので、施設内部(レストランや物産店)と車中泊情報などを紹介します。

場所・アクセス

所在地〒988-0273 宮城県気仙沼市本吉町三島9
所在道路国道45号
高速道路からのアクセス三陸道 大谷海岸IC降りて気仙沼市街方向に500mほど
バスでのアクセスBRT気仙沼線 大谷海岸駅降りてすぐそこ

施設内部(産直市場(お土産)、レストラン、観光)

詳細情報は道の駅のホームページをご覧ください。

営業時間(22年4月現在)

産直市場9:00~18:00
カフェテリア(umicoco)
ファストフード(はまカフェ)
10:00~17:00
9:00~16:00
観光案内所9:00~17:00

産直市場 特に海産物が豊富!

三陸地方を中心としたお土産、海産物、農産物などが売っています。特に海産物は施設内に生け簀もあったりと、品揃えが豊富です。逆に農産物は他の道の駅と比べて少なめ。その他お菓子やスウィーツも人気なものが置いてありました。

店内の様子
加工品など
海産物エリア
海産物エリア
農産物エリア

カフェテリア「umicoco」

ここでは海鮮丼や刺身定食、またラーメンやうどんなどの麺類も食べられます。ふかひれ姿煮ラーメンはとても気になりますね(なかなかのお値段だけど)。施設内部に食事スペースがあります。外にもテラス席がありました。

カフェテリア・umicocoのメニュー

ファストフード 「はまカフェ」

ここでは通常のカフェメニューのほかに道の駅オリジナルのふかひれソフトやサメかつバーガーなどもあるようです。味が気になりますね!(お腹空いてないので食べませんでしたが(笑))

観光情報スペースとマンボウのプロジェクションマッピング

産直市場とカフェスペースをつないでいる道の途中にはマンボウのプロジェクションマッピングや観光情報スペースがあります。観光情報スペースには案内人の方もいました。

プロジェクションマッピング マンボウは写らなかった、、
観光情報スペース

施設外部

二回テラスからは大谷海岸が一望!

施設外には二階のテラスに行ける階段があります。二階のテラス席からは大谷海岸を一望でき、とても美しい景色が広がっています。一息つくには最高すぎる景色!

二階テラスに行く階段
二階テラス
テラスからの眺め

近隣スポット・大谷海岸

道の駅の前にある道路を渡れば、大谷海岸の砂浜を歩くことができます。休憩ついでに海を楽しめるのはとてもいいですね。

大谷海岸と砂浜

車中泊について

実際に車中泊はしていませんが、ここで車中泊をする場合の情報を紹介します。
先に結論を言うと、推測ですが夜間からの車の出入りが割と多そうで、音が気になる人は向かないと思われます。
ただ、海からの日の出を見るには絶好の場所です。

車中泊禁止の張り紙なし
大型車との分離あり
隣接道路の交通量多い(国道45号)。夜間は三陸道からの休憩での出入りが多そう
トイレのきれいさとても綺麗
駐車場の収容集
フラットかどうか
普通車78台 大型車8台 車いす専用4台 EV車1台
フラット

駐車場について

そ駐車場は大型車と分離されているが、それほど遠くないので場所によってはアイドリングの音が聞こえるかも。遠くに停めればたぶん大丈夫かな?

隣接道路の交通量

隣接道路の国道45号は幹線道路ですが、並走する三陸道が無料なので夜間はトラックなどはあまり通らないかもしれません。ただし三陸道の休憩ポイントとなっているため、トラックや車の出入りは多いと推測します(あくまで推測です)。

トイレ

24時間使用可能。
リニューアルしたばかりとあってとても綺麗です。多目的トイレやベイビールームも完備で文句なし。

日の出を見るには最高の車中泊場所

すぐそこが海岸なので、海からの日の出を見るには最高の車中泊場所だと思います。2階テラスに行けば海岸まで行かなくても美しい日の出を拝むことができ、最高の時間を過ごせることでしょう。

終わりに

いかがだったでしょうか。リニューアルされて設備がとても綺麗になりましたし、食事やお土産も充実していてとてもいい道の駅になっていました。また、大谷海岸のすぐ目の前なので観光スポットの一つとしても楽しめるのもいいですね。実際訪れてとても満足でした。皆さんももし近くに行くことがあればぜひ寄ってみてはいかがでしょうか。
それでは、ここまで見て下さってありがとうございました!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました