標高1900mでの南アルプスの絶景展望!しらびそ峠としらびそ高原

長野県
スポンサーリンク

今年も夏がやってきました。ということで、夏らしい新緑に包まれた壮大な南アルプスの絶景を一望でき、しかも標高が1800m以上と高いので涼しく超快適♪な場所、しらびそ峠としらびそ高原を紹介します。

スポンサーリンク

【しらびそ峠】標高1833mから壮大な南アルプスを一望!

しらびそ峠へのアクセス(車で行けます)

※2022年7月現在地蔵峠の全面通行止めにより、飯田市方面から国道152号で行くことはできません。
最新の道路情報は大鹿村のページでご参照ください。

※通り道となる蛇洞林道や市道上村1号線、南アルプスエコーラインは道幅が1.5車線程度と幅が狭いので注意。

舗装に関しては蛇洞林道少々の工事区間(軽いダート)を除き、舗装されています。

しらびそ峠の駐車場(トイレなし)

しらびそ峠看板前のスペースに4-5台程停めることができます。

トイレはないので、トイレに行きたい場合は下で紹介するしらびそ高原で済ませましょう。

駐車場も兼ねています

しらびそ峠から見える風景

まず、訪れた日は飯田市でも33度以上のかなり暑い日でしたが、しらびそ峠はとても涼しい快適です。

それもそのはず、この場所は標高1833mにあるため、下界よりはるかに温度が低いのです。猛暑の夏にはなんともありがたいスポット! 

また、標高1800m越えの高地にあるため、向かい側にそびえる南アルプスの山容を下から頂上まで一望できる絶景の展望地です。

天気も晴れていて最高の眺め!

南アルプスは、今いる場所よりもさらに高い。

奥にも山々が連なっていて、南アルプスのスケールの大きさを肌で感じられます。

【しらびそ高原】こちらも絶景 まるで壁画のような南アルプス

しらびそ高原、ホテルしらびそ高原天の川に関する詳細情報は下記ページをご参照ください。

しらびそ高原の観光ページ

ホテル しらびそ高原天の川のホームページ

しらびそ高原へのアクセス

公共交通機関はないので、自家用車かタクシーのどちらかなります。

場所はしらびそ峠から南に500mほど進むとあります。大きなホテルがあるので分かりやすいです。

しらびそ峠の駐車場

しらびそ高原 天の川【ホテル】

↓画像のようにしらびそ高原 天の川という立派なホテルが建っています。

私が訪れた時はコロナで休業していましたが、営業しているときは日帰りでも、施設内の軽食コーナーや売店、日帰り温泉が使用できるようです。(詳細は上記ホテルホームページからご確認ください)

しらびそ高原から見える南アルプスの絶景

ホテルの駐車場の奥の方には、壁画と錯覚するくらい美しい南アルプスの山々が目の前にそびえ立っています。


↓は信州の夕日スポット100選の場所にも選ばれている夕日スポット。

駐車場の先にはもう絶景が。こっちは高原らしく、しらびそ峠よりも解放感があります。

ガードレールの先には壮大な南アルプス。

やっぱり3000m級の山々は迫力が違いますね。時間があればいつまでも見ていられるぐらい美しい風景です。

いつかは向こう側からの景色も見たいものですね(遠い目)

山肌のきれいな緑と空の青のコントラストが夏らしくて最高です。春には冠雪の南アルプスが見れるそうで、そちらもぜひ見てみたいですね。

ちょっと奥のスペースに進むと飯田側の景色を見ることができます。

反対側の景色も素敵です。

南アルプスと比べれば劣りますが、こちらも山々が見渡せるいい景色でした。

しらびそ高原の景色を十分に堪能できたので、南アルプスエコーラインで下栗の里方面へと下っていきました。

終わりに

いかがだったでしょうか。標高1900mにあるので、すべて車とはいえたどり着くのには結構時間がかかりました。が、それでも壮大な南アルプスを見ると訪れる価値があると感じました。

なかなか行きにくい場所なのか、人が少なかったのも良かったです。
皆さんもぜひ、しらびそ峠としらびそ高原を訪れて見てはいかがでしょうか。
それでは、ここまで見て下さってありがとうございました!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました