道の駅しもつまレポ[飲食店・土産屋・施設・車中泊情報]

茨城県
スポンサーリンク

天気が良かったので下妻、筑波をドライブしてきました。この辺りは何といっても雄大にそびえる筑波山が美しく、ドライブしていてとても楽しいです。今回はそんな下妻・筑波へドライブに行った際はぜひおすすめしたい、道の駅しもつまについての情報を紹介します。車中泊についても書いているのでぜひご参考に!

スポンサーリンク

道の駅しもつま全情報

場所

道の駅しもつまは、名前の通り茨城県の西側にある下妻市にあります。下妻市といえば深田恭子さんが主演の映画、下妻物語の舞台として有名ですね。茨城県西を南北につなぐ幹線道路の国道294号沿いにあるため、多くの人が訪れる人気の道の駅です。

駐車場

普通車71台、大型車53台停めるスペースがあります。普通車と大型の位置は分けられています。
かなり大きいですが、私が行った3月の土曜日のAM9:30の時点7割以上は埋まっていました。

道の駅にある飲食店

飲食店は3つあります。一つずつ紹介していきます。

営業時間(※コロナウイルス感染症対策によって変動する場合があります)
・そば打ち めいじん亭:平日10:00~15:00 土日祝10:00~17:00
・下妻食堂 揚揚:前日7:00~20:00
・しもん亭:平日9:00~15:00 土日祝9:00~16:00
※いずれも30分前がラストオーダーです。

そば打ち めいじん亭

名前の通り蕎麦屋さんです。ここでは常陸名物の常陸秋そばを食すことができます。その土地の名物が食べれるのがいいですね。

下妻食堂 揚揚

和食・洋食・中華と様々なジャンルの食事を楽しむことができます。ローストビーフ丼やもつ煮定食が名物のようでした。また、朝7時から11時まで朝定食を出しているようです。トラックの運転手や車中泊の方にはかなりよさそうですね。

しもん亭

道の駅内部にあります。こちらも海鮮丼、かつ丼、カレー、ラーメンなど様々なジャンルの食事がいただけるようです。また、朝9:30からは朝定食が食べられるようです。

道の駅のお店(買い物)、設備

道の駅定番の農産品エリア、お土産・特産品エリア(デイリーヤマザキ併設)、ベーカリー、授乳室、展望台があります。(外に花屋、宝くじ売り場もあります)

営業時間(↓画像ご参照ください)

各お店の営業時間
施設内部

農産品・畜産品エリア

道の駅にはほぼ確実にある、地元の農産品が置かれているエリアです。物によってはスーパーの半額程度で買えるものもあるのでぜひチェックしましょう。(私はネギ4本入りを100円で買いました)

茨城特産の干し芋もたくさんい売っていました!

お土産・特産品エリア(デイリーヤマザキ併設)

これも道の駅定番ですね。道の駅下妻は結構充実しており、たくさんの茨城の特産品やお酒、また手作りの弁当や総菜、その場で食べれるコロッケなども売っていました。

肉まんやだし巻き卵も美味しそうでした。

筑波、下妻など地域のお土産もたくさんありました。

デイリーヤマザキが併設しているので、お土産以外の飲食物もちゃんとあります。

ベーカリーしもんぱん

ベーカリーもあります。ワッフルをその場で作っていて、とてもいい匂いが漂っていました。

授乳室・展望台

授乳室もあるのはさすがですね。↓写真ではわかりにくいですがベーカリーの隣らへんにあったと思います。

そこから3階まで階段を上っていくと展望台につきます。展望台からは室内ですが360度の景色を見ることができます。筑波山もきれいに見えました!

筑波山もくっきり見えます

トイレ(外)

トイレは施設内と外の二つあります。今回は車中泊で使用可能な外のトイレを使用しました。
汚くはないですが、少し古くてめっちゃ綺麗という感じではなかったです。嫌な臭いは特にしませんでした。(たぶん中のトイレの方が綺麗)

外のトイレ

車中泊について

車中泊ですが、駐車場も広くて大型車と区域が分けられており、また朝7時から食べられるお店があるので、施設の充実度は結構いいと思います。ただし国道294号の沿道沿いにあり夜中でも大型車がバンバン通るので、音や振動がおそらく大きいと思われます。入ってくる車や出ていく車も多いことが予想されます。音や振動を気にされる方はやめといたほうがいいと思います。

駐車場俯瞰

終わりに

いかがだったでしょうか。道の駅しもつけは飲食店もお土産も充実していて、活気のあるとてもいい道の駅でした。筑波へのドライブのついでや、近くを通ることがあればぜひ寄ってみるのはいかがでしょうか。ここまで来てくださってありがとうございました。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました